国産うなぎ

国産うなぎ

国産うなぎでちょっと優雅に贅沢に♪みんな笑顔に(^◇^) 信頼できる安心安全な美味しい通販ショップをご紹介♪

国産うなぎ,通販,価格 > 国産うなぎ

国産うなぎ 通販

土用の丑の日が近づくと食べたくなるのが「うなぎ」

日本の暑い夏を乗り切るためのスタミナ源として日本人には欠かせませんよね。

しかし、日本うなぎが絶滅危惧種に選ばれたり、価格高騰や中国産の驚くべき飼育方法と危険性・産地偽装問題などいろいろ物議を醸しています。

そこで、信頼ができてリーズナブルな価格・味も極上な選りすぐりの国産うなぎの人気通販ショップをご紹介します! 通販だから自宅に居ながら簡単に比較・お気軽にお取り寄せができますよ♪(^◇^)b

編集部一押しの国産うなぎ人気通販ショップ

美食一 極上アオテうなぎ

 

詳細はこちら

これぞ最高の贅沢!通常の流通では20匹に一匹しか出くわすことが出来ない「アオテ」を職人が自らの目と感触で選別
「アオテ」とは背中が青く、腹が白く肉質が柔らかい言わばエリートうなぎのこと。通常、うなぎの選別は大きさのみで分けられるので、出会える確率は1/20。美食一はアオテを最初に選別し、アオテのみを提供。国産の中からさらに選ばれし鰻。最高の贅沢、最高のサービスがここにあります。ギフトのプレゼントに最適です♪

詳細はこちら

築地市場ドットコム

 

詳細はこちら

鹿児島県産・完全無投薬。全体のわずか1.1%という選びに選び抜かれた最上級品だけ!鰻師・焼き・たれなどすべてにおいてそれぞれのスペシャリスト(匠)が関わって完成されたまさにプレミアムな一品。

鰻好きも必ず満足するという。人気のためよく売り切れします。

詳細はこちら

うなぎ屋かわすい 川口水産

 

詳細はこちら

もう言葉はいりません。平均評価点4.5(5点満点)・総数6000件を超える購入者口コミレビュー数がそのおいしさと満足度の高さを物語ります。
すべて顔の分かる国内の生産者から仕入れ、そこからさらに厳しい基準で選別。専門店だから出来る完成度の高さが自慢です。

詳細はこちら

浜名湖 うなぎのたなか

 

詳細はこちら

昭和10年創業。老舗の味を通販を使ってご家庭で楽しめるようになりました。
浜名湖畔で育てられた間違いのない国産品。
味には自信ありです。
ギフト用はもちろん、家庭用にお得なメガ盛り、訳あり品など選べる種類が豊富であなたなニーズを満たします!

詳細はこちら

うなぎ藤田

 

詳細はこちら

この業界では知らない人はいないというくらい老舗中の老舗。
創業はなんと明治25年。続いている理由は食べてみれば分かります。
ふっくら柔らかな江戸風(関東風)が特徴。
扱うのはもちろん国産のみ。本場浜松よりお届けします。ギフトにもぴったり!
伝統の味をお気軽通販で!是非ご賞味ください。

詳細はこちら

国産うなぎ 価格

国産うなぎはいまや大変貴重なものになりました。

日本人が鰻を食べ始めたのはかなり昔。万葉集にも食した記述があります。

しかし、今の蒲焼が広まったのは、江戸時代から。意外と遅いんですね。

当時は、天然の鰻がそこらじゅうにいました。なぜなら江戸は湿地ばかりでしたから。それを開発して今の東京があります。江戸の町づくりをしていた土方達が安いタンパク源として鰻を食していました。

今からしたら考えられないですね。なんとも贅沢。

 

現在の国産うなぎの価格の相場は、1尾1000円(原価)は下りません。(「本当に国産ならば!」下らないはずです。) これは鰻そのものの価格ですので、蒲焼にするための捌いたり焼いたりする加工の手間がかかれば価格はもっと高くなります。そこそこ品質の良い国産うなぎの相場は1尾2500円辺りでしょうか。

2013年には国産の稚魚(しらすうなぎ)があまり取れず稚魚の価格高騰がありましたが、こういった要因でも価格は大きく変化します。いずれにしても国産うなぎは贅沢な食べ物であることには違いありません。

国産うなぎ 見分け方

日本人が1年で消費する(食べる)鰻の量をご存知ですか?

その総量は約15万トンと言われています。国民一人当たり、一年で1.3キロほど食べる計算になります。

 

で、これに対して国産の鰻の漁獲高は2万トンと言われています。

 

ということは、足りないのです。13万トンほど。

ほとんどが輸入に頼っていることになります。輸入先は中国が大部分を占めまが、その他にタイ、台湾、マレーシア、ベトナムなど東南アジアがあります。 もしスーパーなどに並んでいるものが国産ばかりだったら注意した方がいいかも知れません。産地偽装の可能性もあります。

 

騙されない為にも、中国産と国産の見分け方がありますのでご紹介します。

自己防衛しましょう!

 

★中国産は肉厚 皮厚 弾力がある デカい(国産は薄く平べったいのが特徴です!)

★~産と書かずに日本の地名だけ載っている物は中国産の可能性がある(加工された国内の地名を載せているだけ)

★そもそも国産としか表示されていないもの(具体的地名なし)は中国産の可能性有り

 

中国産のうなぎは薬物や成長ホルモン漬けで、エサをたんまり与えられて肥えまくっています。

これに対して国産うなぎは小さく小ぶりで身が引き締まっています。

これが一番分かりやすい見分け方です。

 

中国産のうなぎは何でもいいから太らせて売ろうとしているようです。→ホルモン剤などの薬品漬け。安くて太らせるためだけの劣悪な飼料=いわばジャンクフード(人肉が使われるという噂も)。発がん性のある抗菌剤・・・。

中国の生産者にとって、日本人の口に入るものの安全性など眼中にないかも知れません。日本に輸出できさえすれば法外に高い値段で売れるまさに泳ぐ宝石なのですから。

 

体に良くスタミナ源になるはずの鰻が、実は薬品漬け、劣悪なエサで育ったジャンクな毒物だったら・・・・。

本当に怖いですね。だからこそ、素性のはっきり分かる安心安全な国産を選びたいですね。

 

国産うなぎ トップへ戻る